CRT 2つの床面仕上げ工法

ダイヤモンドフロア工法の特徴
耐久性
丈夫な粗骨材層まで表面を削り、研磨することでコンクリートの表面強度が高まり対摩耗性・耐久性が向上します。
作業性
大理石調の平滑な床に磨き上げます。平坦な床面では、振動や騒音を軽減しフォークリフトなどの走行がスムーズになります。
メンテナンス性
鏡面に仕上げたコンクリート床面は汚れが付着しにくくなり、清掃が簡単です。一般的な床仕上げ材のような塗り直しも必要ありません。防じん性も高く、工場内の設備や商品を汚しません。
ダイヤモンドフロア工法の作業工程
STEP1
コンクリート表層を削り、表面の凹凸を平坦化します。
STEP2
表面を完全に平滑にして粗骨材を研ぎ出します。
STEP3
5工程の研磨作業で鏡面に仕上げます。
無機防滑材を塗布して完成です。
ダイヤモンドフロア工法の対象現場
ダイヤモンドフロア工法についてのお問い合わせ
Copyright © CRT World Co.,Ltd. All Rights Reserved.