ビルの外壁補修に抜群の威力-CS-21コンクリート改質財による補修工事

CS-21コンクリート改質材(水和反応活性剤)を用いることで、従来の外壁補修工事とは異なる、コンクリートの水和反応の活性化を促進しさらに強度を増した補修工事が可能です。
近年コンクリート構造物の劣化(クラック、軟化、欠損)が非常に問題となっています。これらを放置するとコンクリート外壁が損壊するばかりでなく、躯体内部への浸水によって鉄筋鉄骨の劣化、内装・配水管・ダクトなどへの悪影響などを招くことになります。
CS-21は、これらコンクリートの諸問題を解決します。コンクリート外壁補修をお考えなら、是非ご検討ください。
CS-21の施工範囲
  • ・コンクリートのクラック処理・爆裂・欠損処理
  • ・コンクリートからの止水・躯体防水(屋上、地下、水槽等)
  • ・コンクリート躯体の劣化保護
  • ・コンクリートの防塵処理
  • ・水草・苔・藻の付着防止
  • ・セメント系塗布
  • ・充填材の強度アップ
CS-21によりコンクリート水和反応のしくみ
  • 反応1還元作用により表層部に石灰石を生成する反応
  • 反応2水溶性シリカとコンクリート内のカルシウムによりCSH系の結晶を生成する反応
  • 反応3未水和セメントの水和反応を促進させ、CSH系の結晶を生成させる反応
  • 反応4鉄筋の防塵・アル骨反応抑止効果を活かした状態で表層を緻密に固める働き
外壁補修工事についてのお問い合わせ
Copyright © CRT World Co.,Ltd. All Rights Reserved.