下地処理工法のラインアップ(壁面・床面)

CRTが提供する下地処理は、現場の環境的要因、躯体の状況、仕上げ精度・ご予算・環境への配慮などのお客様のニーズに合わせ多くの工法をラインアップしています。以下では各工法の特徴と対象現場などを簡単にご紹介します。
「どの工法を選んだらよいかわからない」-そんな時はお気軽にご相談ください。CRTが最適な工法(または、工法の組み合わせ)をコンサルティング・ご提案します。
下地処理工法1:環境粉塵対策(負圧集塵機を利用した)下地処理工法(壁面・床面)
特徴
HEPAフィルターを装着した負圧集塵機を利用することで、超微小の粉じんを確実に除去しながら、負圧環境を作り出し下地処理を行います。
対象現場
工場、倉庫、学校、病院、マンション、オフィスビルなど
下地処理工事についてのお問い合わせ
下水処理工法2:超音波塗膜剥離工法(壁面・床面)
特徴
超音波を利用することにより、騒音や粉塵飛散を低減させ、既存塗膜の除去作業がスムーズに行えます。
対象現場
学校、病院、マンション、オフィスビル、戸建住宅など
下地処理工事についてのお問い合わせ
下水処理工法3:超高圧水流による塗膜剥離・外壁洗浄工法(壁面・床面)
特徴
既存塗膜や建物の下地状況に合わせ、20Mpaか245Mpaの高圧水流で広範囲にわたる塗膜剥離・洗浄に対応します。
対象現場
マンション、プール、プラント施設、橋梁等の土木構造物など
下地処理工事についてのお問い合わせ
下水処理工法4:バキュームサンダーによる塗膜剥離工法(壁面・床面)
特徴
サンダーでの塗膜剥離作業時に発生する粉塵をバキュームにより集塵することで、粉塵の飛散を抑える環境にやさしい塗膜剥離工法です。

対象現場
学校、病院、マンション、オフィスビル、戸建住宅、土木構造物など
下地処理工事についてのお問い合わせ
下水処理工法5:ウェットサンダーによる塗膜剥離工法(壁面・床面)
特徴
サンダーにミスト(霧)状の水を噴霧しながら既存塗膜を除去することで粉塵の発生を押さえる工法です。塗膜除去後の躯体面は滑らかな美しい仕上げとなります。

対象現場
マンション、オフィスビル、戸建住宅、土木構造物など
下地処理工事についてのお問い合わせ
Copyright © CRT World Co.,Ltd. All Rights Reserved.