CRTの塗膜剥離・除去・表面切削・表面研磨工事インデックス

CRTが提供する工事・工法を一覧でご紹介します。
CRTでは、躯体の状況やお客様のスケジュール、ご予算に合わせ最適な工法をご提案します。また、施工は自社でというお客様には、コンクリート下地処理関連機器のレンタル・販売も行っています。まずは、お気軽にご相談ください。
名称 使用機器・材料 特徴 適用現場
超音波塗膜剥離工法 超音波塗膜剥離機
  • ・低騒音
  • ・低粉塵
コンクリート建造物*1の外壁
超高圧洗浄による塗膜剥離、除去工法 超高圧水洗浄機
  • ・低粉塵
コンクリート建造物*1の外壁、プール、プラント施設、土木構造物*2
バキュームサンダーによる塗膜剥離、除去工法 バキュームサンダー
  • ・低粉塵
コンクリート建造物*1の外壁、土木構造物*2
ウェットサンダーによる塗膜剥離、除去工法 ウェットサンダー
  • ・低粉塵
コンクリート建造物*1の外壁、土木構造物*2
ターボブラストによる塗膜剥離、除去工法 ターボブラスト
  • ・低コスト
  • ・仕上がりの均一性
コンクリート構造物*1の外壁、プール、立体駐車場、プラント施設、鉄性構造物、土木構造物*2
バキュームブラストによる塗膜剥離、除去工法 バキュームブラスト
  • ・低粉塵
  • ・ターボよりさらに均一
コンクリート構造物*1の外壁、プール、立体駐車場、プラント施設、鉄性構造物、土木構造物*2
ショットブラストによる塗膜除去工法 ショットブラスト
  • ・低粉塵
  • ・脆弱部完全除去に有効
コンクリート構造物*1の床面、土木構造物*2
床表面切削工法 切削機   コンクリート構造物*1の床面
床表面研磨工法 超硬刃研磨機   コンクリート構造物*1の床面、土木構造物*2の床面
貼床材剥離工法     コンクリート構造物*1の床面
アスファルト剥離工法     コンクリート構造物*1の床面
ウレタン防水材剥離工法     コンクリート構造物*1の床面
コンクリート補修・下地処理工事についてのお問い合わせ

CRTの塗膜剥離・除去・表面切削・表面研磨工事インデックス

はじめにコンクリート補修・修理のプロセスをご紹介します。
通常、ビルなどのコンクリート構造物は経年劣化により、クラック(ひび割れ)の発生、外壁塗装の剥離など、さまざまな問題が生じます。そのまま放置すると、躯体(ビルそのもの)に悪影響を及ぼし資産価値の低下を招く恐れがあります。タイムリーで的確な補修や修理などのメンテナンスは不可欠です。
プロセス1 調査・診断

コンクリート劣化の程度は、外見だけでは判断できません。表面、内部、鉄筋鉄骨部それぞれの状態を正しく把握することが、改修工事の第一歩です。CRTは、対象物にあった最適な診断方法をご提案します。

【代表的な調査・診断方法】

  • ・アルカリ骨材反応調査
  • ・コア採取調査
  • ・引張試験
プロセス2 塗膜剥離・除去→再診断

コンクリートを活性化させる無機質材料を使用しクラック等の劣化個所を補修します。CRTでは、CS-21コンクリート改質材を採用し、躯体と補修部分の密着性のアップを図ります。
また、CS-21はクラック部の補修だけでなく、躯体そのものを長持ちさせる効果もあります。

塗膜剥離・除去工事一覧はこちら
CRTが施工する工事・工法の一覧です。

プロセス3 下地補修

外壁や床面の劣化した塗装(塗膜)を性質や状態、周辺環境にあわせた機器を用い完全に剥離・除去し、再度コンクリートのクラック等の状態を見極めます。このプロセスによって、外壁表面だけでなく躯体本体の耐用年数をさらに延伸することができます。

下地補修工事について
プロセス4 仕上げ

補修したクラックや古い塗膜を除去したコンクリートの表面を保護する為にコンクリート表面保護材(仕上げ材)を塗付します。CRTでは、環境にやさしい仕上げ材を採用しています。

【表面保護材一覧】

  • ・SMAC
  • ・その他仕上げ材
仕上げ工法について

その他の工事

CRTでは、軽荷重床から重荷重床への改修工事やコンクリート打設工事などの施工も可能です。床や壁のことでお困りの場合は、お気軽にお問合せください。
Copyright © CRT World Co.,Ltd. All Rights Reserved.